Broad WiMAXに乗り換えるメリットはあるのか?乗り換えの前に知っておきたいこと

インターネット

スマホ同様にモバイルルーターでも乗り換えキャンペーンをしているプロバイダーがあります。そんな中でも乗り換えの口コミが多いBroad WiMAXはおよそ1,000円ぐらい利用料が安くなるので、Broad WIMAXの乗り換えについて紹介したいと思います。

Broad WIMAXの乗り換えキャンペーン

Broad WiMAXでは2016年3月1日から終了日は未定で、乗り換えの際にかかる解約金を負担するキャンペーンをしています。

4つほど乗り換えに関する注意事項があるので紹介します。

1.乗り換えキャンペーンの対象であること

乗り換えキャンペーンの対象となるのは、現在契約しているモバイルルーターが

  • WiMAX
  • ソフトバンクエアー
  • Ymobile Pocket WiFi

のどれかでなくてはいけません。

WiMAXについてはBroad WiMAX以外のプロバイダーであればキャンペーンの対象となります。

2.公式サイトからの申し込みであること

公式サイトからの申し込みでないとキャンペーンの対象にはなりません。

一度公式サイトを訪れても、申し込みの場所が違う場合もキャンペーンの対象になるので注意してください。

ネットでの申し込みが不安な方は電話でも対応してくれるので、電話での申し込みをしてみてください。

「乗り換えキャンペーンを見た」と言えば、そのまま手続きの案内をしてもらえます。

3.解約金は19,000円(税抜)までしか負担されない

Broad WIMAXの乗り換えキャンペーンでは違約金すべてが負担されるわけではなく、上限が税抜19,000円までと決まっています。

例えば現在契約しているプロバイダーの解約金が25,000円の場合、Broad WIMAXから19,000円が負担され、残りの6,000円が自己負担ということになります。

また、モバイルルーターの端末代金(分割支払いの残り)は負担されないので注意してください。負担されるのは解約金のみです。

4.負担方法がキャッシュバック式

現在契約しているプロバイダーを解約する際の違約金は一旦自分で支払わなければいけません

自分で支払った違約金の負担金は解約したことがわかる書類を提出した翌月の末日に振り込まれるという仕組みになります。

約時にBroad WIMAXが支払ってくれるわけではないので注意しましょう

乗り換え手続きの流れ

乗り換えの仕方ですが、まずはBroad WIMAXに電話をしてから手続きを進めていくのをおすすめします。というのもBroad WIMAXのホームページには乗り換え専用の申し込みページはないので、普通に契約してから手続きをすると上手く乗り換えをするのが難しくなります。

乗り換えの流れは決まってはいますが、電話をならではの対応があったりするので一度電話確認をするのがおすすめです

他社からの乗り換え:BroadWiMAXお申込はコチラ

Broad WiMAXに電話して乗り換えキャンペーンの対象か確認

メールで問い合わせても基本的に電話でしか対応してくれません。しかし、電話の方が楽だし早いので乗り換えを検討している方は電話をかけてしまった方がいいと思います。

オペレーターに乗り換えのことが聞きたいと伝えると現在契約しているプロバイダーがどこか、契約しようとしているプランなどを聞かれ、違約金負担の対象かどうかと、今後の手続きの流れを教えてくれます。

Broad WIMAXを契約

問い合わせをした段階でそのまま契約してしまうことができます。

オペレーターの説明では「Broad WIMAXを契約→現在契約しているプロバイダーを解約」と言われますが、「現在契約しているプロバイダーを解約→Broad WIMAXを契約」でも乗り換えキャンペーンの違約金負担はしてもらえるそうです。

前者の方だと1ヵ月だけ利用期間がかぶってしまうので、月末に解約して翌月に契約するのが金銭的にはお得になります。そうする場合にはオペレーターの方に伝えれば手順を教えてもらえます。

現在契約しているプロバイダーを解約

現在契約しているプロバイダーの解約についてはBroad WIMAXがしてくれるわけではなく、自分で通常通りの解約をしなくてはいけません。

注意事項でも書きましたが、この時に発生する違約金は一旦自分で負担しなくてはいけないので、通常通り途中解約の形をとりましょう。

そして、解約がわかる書類が必要なので解約通知の手紙や電子メール、違約金の支払いがわかる書類などはとっておきメールまたは郵送でBroad WIMAXに提出します

最初に電話で問い合わせをしている場合は「解約したら一旦連絡をしてください」と言われると思うので、オペレーターの指示に従うようにしましょう。

立て替えた違約金の振り込み

解約したことがわかる書類の提出が完了した翌月の末日に、解約時に支払った違約金の負担金が振り込まれます

上限が19,000なので違約金が19,000円を超えていても19,000円しか振り込まれません。また違約金が19,000以下の場合は支払った違約金と同じ金額しか振り込まれないので注意してください。

また、端末の分割金については違約金には含まれないので負担されることはありません。

Broad WiMAXに乗り換えるメリットはあるのか

現在契約しているプロバイダーに不満があるならBroad WiMAXに乗り換えるメリットは大いにあると思います。

Broad WIMAXへの乗り換えの最大のメリットは違約金を抑えて(もしくは0円で)モバイルルーターの契約を見直すことができることではないでしょうか。

基本的にどこのプロバイダーでも機種変更やプラン変更には違約金などのお金がかかってしまいます。

例えば別のプロバイダーで据え置きタイプルーターを契約していたが持ち運べるタイプに変えたい場合となった場合、特定の期間でないとお金がかかってしまいますがBroad WiMAXに乗り換えてしまえばお金をかけることなく機種変更が可能になります。

さらに月々の利用料金を見直すチャンスで、Broad WiMAXは比較的利用料金が安いプロバイダーなので、同じようなプランでも月額利用料が1,000円前後安くなることがあります

まとめ

  • 違約金は一旦自分で支払う必要がある
  • 違約金負担の上限は19,000円(税抜)までである
  • Broad WIMAXは月額利用料が安いのでプラン見直しのチャンス

一度でも乗り換えの問い合わせをするとしつこく電話がかかってきます。乗り換えの話を聞き、やっぱり乗り換えはしないということなら「検討してこちらから電話をかけます」と伝えると電話がかかってこなくなるので、そうするといいかと思います。

Broad WIMAXはモバイルルーターを取り扱うプロバイダーの中でも月額利用料が安いので、今契約しているプロバイダーの利用料金が高いと思ったら一度検討してみるのをおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました