オンラインゲームで遊ぶなら迷わず光回線を選ぶべき

インターネット

最近はポケットWi-Fiより少し性能の高い据え置きタイプのホームWi-Fiと呼ばれるWi-Fiルーターが人気となっています。

ホームWi-Fiは回線工事も必要ないですし、コンセントにさすだけで簡単にインターネットを楽しむことができ、従来のモバイルルーターと比べかなり性能が高いイメージがありますが実際はどうなのか、ゲームをすることはできるのか調べてみたので紹介します

ホームWi-Fiとモバイルルーターの性能はカタログ数値では変わらない

ホームWi-Fiとモバイルルーターは何が違うのか比較するためにUQモバイルのものを例に紹介しようと思います。

 


ホームWi-Fi


モバイルWi-Fiルーター
持ち運び 室内のみ 可能
初期費用 事務手数料のみ 事務手数料のみ
速度制限 3日間で10GB 3日間で10GB
利用料金 4,380円 4,380円
インターネット速度(下り) 最大440Mbps 最大440Mbps
インターネット速度(上り) 最大75Mbps 最大75Mbps
室内電波 70%向上 20%向上

WiMAXの場合は通信速度にホームWi-Fiとモバイルルーターで違いはありませんが、ホームWi-Fiの方がより電波を受信しやすい構造になっているため室内でも安定した通信をすることができます

さらにホームWi-Fiは最大20~40台のディバイスを接続することができるので、固定回線の代わりとしてならモバイルルーターよりも適役です。

契約や性能についての詳しいことは公式ページでご確認ください→【UQ WiMAX

ホームWi-FiのPing値測定

ホームWi-Fiはモバイルルーターも安定してインターネットを楽しめるようにすることを目的としていますが実際はどうなのでしょうか。

実際にUQモバイルの”WiMAX HOME 01”というホームWi-Fiを使って測定した数値で、上の画像が無線接続の時で下の画像が有線接続のテスト結果です。

https://sourceforge.net/とうサイトを使って返答速度やインターネットの速度のテストをしましたが、なぜか上りとパケットロスが計れませんでした。しかしゲームをするのに大事な2つは計測できたので参考にはなると思います。

何回かテストしましたが有線接続をすると確実にPing値は下がりますし下りの速度も最大300Mbps近くまで出ていました。そして有線接続の時は安定してほぼ同じ数値のテスト結果となりました

Ping値は高い時だと200msを超えていましたが、低いと10台まで下がっていたのでわりといい値で安定しているようで平均は60ms前後になりました。

しかし無線接続の場合はテスト結果にかなりばらつきがあり、少しの電波状況で測定値は大きく変わってきます。特にPing値の測定結果がひどく、高い時は600msを超えるほどでした。

ゲームをするならホームWi-Fiより固定回線にするべき3つの理由

理由1:Ping値が高く安定しにくい

ホームWi-FiのPing値はラグの少ない50ms前後で平均がでていますが、それでも高い時は100msを超えるのでフレームレートの高いゲームでは快適にゲームをできる保証がありません

固定回線の場合は20以下で安定しているのでパソコンのスペックがゲームの推奨スペックを超えていればどんなゲームも快適に遊ぶことができます。特に瞬時の判断が必要となるFPS系のゲームになるとインターネットの遅延はかなりの痛手になるので本格的に遊びたいなら固定回線の方がいいです。

ただし「口コミでわかるソフトバンクエアーの通信速度と速度制限への不満」の記事で少し触れていますが、ソフトバンクが提供するソフトバンクエアーというホームWi-FiはPing値が低い傾向にあります。

理由2:データ通信量の制限が邪魔

ホームWi-Fiはデータ通信の制限はないといってはいますが何かしらの制限がかかっています。3日間で10GBを超えると1日だけ速度が遅くなるというのが多いですが、ゲームのダウンロードや更新をするとすぐに10GBを超えるので次の日はインターネットの速度が遅くなってしまいます。

PS4やPCになるとゲームのダウンロードもありますし更新やダウンロードコンテンツなど、とにかくデータ通信量が多くなるので制限が邪魔でしかありません。そう思うと固定回線の無制限というのは本当に使い勝手がいいです。

理由3:利用料金があまり変わらない

ホームWi-Fiに限らずデータ通信量の制限がない契約の場合は月の利用料が4000円前後になります。固定回線の場合は住居タイプにもよりますが利用料金は3000円~6,000円なので、実はそこまで大きな差はありません

インターネット速度や返答速度、利用制限のことを考えると固定回線の方がお得なのではないでしょうか。

1ヵ月間ホームWi-Fiでゲームをして思ったこと

普段は固定回線を使っているので比べてしまう部分は多いですが、実際にホームWi-Fiでゲームをしてみて思うことは不便だということです。インターネット速度は安定しているのでYouTubeをみたり調べものをするのには困りませんが、オンラインゲームをして遊ぶとなるとPing値が高いのが気になります。

どのゲームも基本的には高画質設定を諦めて中画質以下の設定にしないと、頻繁にラグが発生してしまいカクツキが気になっていまいます。ゲームによってはカクツキは致命的な症状ですが、中画質設定にしたり他の設定で下げれるところは下げれば快適にゲームをすることはできます。

また、インターネット速度は固定回線に比べると不安定で、ゲームをしていると時々「ネットワークの遅延を検知しました」となってゲームからはじき出されることがありました。

そして一番不便だったのは、やはり通信速度です。ゲームのアップデートや更新があり1日で10GB使い2日間速度制限の対象となりましたが、速度制限の対象になるとオンラインゲームで遊ぶのは厳しくなりますアップデートやダウンロードの度に速度制限の対象になるのはかなり鬱陶しかったです。

ホームWi-Fiでもゲームを楽しめるけど本格的にゲームをするなら固定回線に限るなと言うのが正直なところです。

ゲームのする頻度が少ないならホームWi-Fiでも十分

固定回線がおすすめなのは事実ですがホームWi-Fiもかなり優秀なものだと思います。インターネットの使い道によっては固定回線よりもかなりお得に使うこともできます

特に下記のような人はホームWi-Fiでも十分だと思います。

  • あまりゲームをしない
  • 引っ越しの多い
  • アパートで回線工事ができない
  • インターネットの使用頻度が少ない(YouTubeを見る程度)
  • スマホかタブレットしか使わない

特に固定回線をひきたいけどひくことができない人にとっては、欠かせないアイテムだと思います。室内でも電波が安定してますし、オンラインゲームをすることもできるので固定回線の代役として契約するならモバイルルーターではなくホームWi-Fiがいいです

インターネットの使い道が動画を見る程度ならホームWi-Fiでも十分です。高画質で動画を見ても3日間で10GBを超えることはほとんどないはずです。

しかし、家族でインターネットを使いたい場合はホームWi-Fiではなく固定回線にすることをおすすめします。

まとめ

  • ホームWi-Fiは室内でも電波が届きやすい
  • 有線接続させればゲームも快適に遊ぶことができる
  • モバイルルーター同様に何かしらの制限があり不便
  • 固定回線と利用料が変わらない
  • 使用頻度によっては固定回線よりお得

ホームWi-Fiは非常に優れたルーターで固定回線の代わりとして使用することも十分に可能です。しかし利用料金は変わらないし制限もあることを考えると固定回線がひけるなら固定回線をひいておいた方がいいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました