ソフトバンク光とソフトバンクエアー徹底比較|光回線が2,000円以下で利用できる!?|

インターネット

ソフトバンク光もソフトバンクエアーSoftbankが提供するサービスなので、携帯会社がSoftbankならこの二つで迷うこともあるかと思い2つのサービスを比較することにしました。

ちなみにソフトバンク光が光回線で、ソフトバンクエアーが据え置きタイプのポケットWi-Fiです。基本的には光回線の方がおすすめですが、場合によってはポケットWi-Fiの方が安上がりだったり便利だったりするので迷っている方は参考にしてください。

性能比較

ソフトバンク光 ソフトバンクエアー
通信速度(下り) 1Gbps 350Mbps
通信速度(上り) 1Gbps 10Mbps
データ通信量 制限なし 制限なし
速度制限 なし あり(回線混雑時)
回線工事 必要 なし

各項目ごとに詳しく触れていきたいと思います。

対応エリア

ソフトバンク光はフレッツ光ネクストの提供エリアと同じなので、広範囲でエリア対応しています。詳しい住所で調べたい場合は「NTT西日本」もしくは「NTT東日本」のページから対応エリアを確認することができます。

一方のソフトバンクエアーはスマホと同じ4G/LTE回線を使っているので、ソフトバンク光よりも広範囲でエリア対応していて、ほとんどの地域で利用が可能です。

ソフトバンクエアーの対応エリアの詳細は「こちら」で確認してください。

後から詳しく書きますがソフトバンクエアーの場合は最大通信のエリアが変わるので、住所によって最大通信速度が261Mbpsになる場合があります。

最大通信速度対応エリアは「こちら」で確認ができます。

速度と制限

ソフトバンク光はプランによって速度が変わります。

東日本エリア(西日本数値) 回線タイプ IPv4 (PPPoE) IPv6高速ハイブリッド
下り最大速度 上り最大速度 下り最大速度 上り最大速度
戸建 ファミリー・ギガ・スピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピード 200Mbps 100Mbps(200Mbps) 1Gbps 100Mbps(200Mbps)
ファミリー・ライト 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps
集合 マンション・ギガスピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピード 200Mbps 100Mbps(200Mbps) 1Gbps 100Mbps(200Mbps)
マンション 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps

ギガスピードプランなら下りだけではなく上りも1Gbps対応なので、さすが光回線といったところだと思います。

一方のソフトバンクエアーは一部の地域で最大350Mbpsで、ほとんどの地域で261Mbpsと光回線に比べるとかなり低いですが、インターネットを楽しむには十分な数字です。

ソフトバンク光には速度制限はもデータ制限もないですが、ソフトバンクエアーの方は回線混雑時に制限がかかるようになっています。具体的な目安があるわけではないですが意外と不便なことが多くソフトバンクエアーの速度制限に関する悪い口コミが多く見られます

ソフトバンクエアーの速度制限に関しては「別記事」で詳しく書いているでそちらでご確認ください。

申し込みから利用までの流れ

1週間程度で利用可能になるソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーはポケットWi-Fiと同じ扱いになるのでソフトバンク店頭、もしくは家電量販店などで契約すればその日から使えることもあります。契約先の在庫状況などにもよりますが急ぎの場合は店頭で契約するのがいいと思います。

インターネットから申し込む場合は高額キャッシュバックを受け取れることが多いです。しかし、申し込みから商品到着まで多少の時間がかかってしまいます。

・インターネット申し込みの流れ

  1. ソフトバンクエアー申し込み
  2. インターネットご利用開始のご案内(情報登録)
  3. お支払い方法登録
  4. エアーターミナル到着(利用開始)

ソフトバンク代理店での契約も流れは同じで、インターネットから申し込みをすると郵送またはSMSで情報を登録していきます。申し込みから5日前後でエアーターミナルが届き、早ければ3日程度で届くのですぐにインターネットを利用することができます

また初月の利用料金は日割り計算になるので好きなタイミングで契約できるのもソフトバンクエアーの良いところです。

開通まで時間のかかるソフトバンク光

・ソフトバンク光開通の流れ

  1. インターネット、電話から申し込み
  2. ソフトバンク光ご利用開始のご案内(情報登録)
  3. 回線工事
  4. ご利用開始

ソフトバンクエアーと流れは同じですが、回線工事は申し込めばすぐにしてくれるわけではありません。早くても1週間程度、平均で2週間程度回線工事まで空きます

他の光回線からの乗り換えや、すでに回線工事がしてあるアパートなどの場合は開通手続きだけでで住みますが、モデムの設置または郵送の必要があるのでやはり1週間程度の時間がかかります。

光回線なのでどうしても時間がかかってしまうので、利用を決めている場合は早めに手続きを進めてしまうのをおすすめします。

利用料金

ソフトバンクエアー:プランが1つなのでわかりやすい利用料金

 

ソフトバンクエアー おうち割 光セット(スマホがSoftbank)
基本料金/月 4,880円
エアーターミナル分轄金(36回払い) 実質0円(36ヵ月間-1,680円)
はじめようソフトバンクエアー割(24か月間) -1,080円 -580円(※1)
実質利用料金/月 4,104円(25か月目以降5,270円) 4,644円(25か月目以降5,270円)
実質利用料金/月 4,104円(25か月目以降5,270円) 4,644円(25か月目以降5,270円)

※1.おうち割光セットの場合はソフトバンクスマホ1台につき1,000円の割引(1台の場合は実質3,644円/月)

エアーターミナルは分轄購入しなくてもレンタルすることができ、その場合は月額利用料はレンタル代の490円ほど高くなります。

ソフトバンク光:プランがわかりにくい

住居タイプ 回線タイプ 月額利用料
東日本エリア 戸建住宅タイプ ファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン 4,700円
2年自動更新プラン 5,200円
ファミリー・ライト 2年更新プラン
3,900円~5,600円
集合住宅タイプ マンション・ギガスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年自動更新プラン
3,800円
西日本エリア 戸建住宅タイプ ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
5年自動更新プラン 4,700円
2年自動更新プラン 5,200円
ファミリー・ライト 2年更新プラン
3,900円~5,600円
集合住宅タイプ マンション・スーパーハイスピード
マンション・ハイスピード
マンション
2年自動更新プラン
3,800円

ソフトバンク光もソフトバンクエアーと同様に「おうち割 光セット」が適用されるのでスマホ1台につき-1,000円の割引となります)

回線タイプが色々書いてありますが、戸建住宅タイプはプランが2つ、集合住宅タイプはプランが1つしかありません

「ファミリー・ギガスピード」や「ファミリー・ハイスピード」などの3つの回線タイプは自分で選ぶことができるものではなく、インターネット利用を開始してから分かるものとなっています。

3つの回線タイプで通信速度が変わるので契約する前にどのタイプになるか調べておきたいところですが、ソフトバンクに問い合わせてみたところ「事前に調べることはできない」とのことです。つまり、ソフトバンク光の場合は契約するまで最大通信速度が分からないということになってしまいます。

唯一選べるのは「ファミリー・ライト」プランで、このプランだとインターネットをあまり使わなかった月は利用料金が安くなります。10GBを超える場合はどれだけ使っても月額利用料が5,600円を超えることはないので、あまりインターネットを使わない人におすすめのプランになります。

Softbankより

まとめ

  • 通信速度の速いソフトバンク光
  • 即日利用が可能なソフトバンクエアーは利用開始までが速い
  • 一人暮らしならソフトバンクエアーがおすすめ
  • スマホがソフトバンクならどちらもお得に利用できる

いろいろ性能比較をしましたが、使い道や住んでいる地域でどちらが合うのかは変わってくるので記事を参考にしてください。ただ、一人暮らしの場合はソフトバンクエアーの方がおすすめで、時間もかからないし、引っ越しの際も面倒な手続きは一切りません。

また、高額キャッシュバックキャンペーンもあるので検討中の方は一度確認してみるといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました