【手順】匿名配送をマスターしてメルカリで安全な取引をしよう!

アプリ

メルカリの匿名配送について紹介しようと思いますが、非常に簡単な設定で済みます。

さくっと匿名配送について知りたい人は「匿名配送の設定方法」を読んでください。

スポンサーリンク

匿名配送とは?

匿名配送とは自分がメルカリで出品した商品が購入されたときに、購入相手に氏名や住所を伝えなくて済むサービスです。

匿名配送にすると販売から取引評価まで、すべての取引で氏名や住所の個人情報を伏せておくことができます。

メルカリの様なフリマアプリでの取引ではトラブルといのは付き物です。

売買した商品や発送、受け取り評価の様な一連の取引で生じたトラブルについては、運営側(メルカリ)が対象してくれますが、見ず知らずの相手とのトラブルで自分の住所がバレているのはかなり怖いです。

トラブルに対する腹いせに個人情報を悪用される可能性もないとは言い切れないので、フリマアプリでは匿名で取引するに越したことはありません。

匿名配送の設定方法

匿名配送にする方法は非常に簡単です。

細かい設定などはなく、商品を出品するときに発送方法の設定を「ゆうゆうメルカリ便」または「らくらくメルカリ便」にするだけで匿名配送ができます

「匿名配送」という項目ではないのでわかりにくいですが、あらかじめどちらかを選んでおけば自動的に匿名配送になります。

匿名配送における注意事項

実は「あらかじめ」という言葉がとても重要で、出品時に「ゆうゆうメルカリ便」または「らくらくメルカリ便」を選択していないと匿名配送になりません

例えば出品時に発送方法を「未定」にしていて、出品したものが購入されたので発送方法を「らくらくメルカリ便」にして商品を発送した場合、匿名配送にはならず通常の発送と同じになります。

なので匿名配送にしたい場合は必ず出品時に配送方法を選択するようにしましょう。

匿名配送のデメリット

「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」では宛名を書く手間がないですが、ヤマト運輸、郵便局、またはコンビニに足を運ぶ必要があります。

  • らくらくメルカリ便 ➡ ヤマト運輸、セブンイレブン、ファミリーマートへ持ち込み
  • ゆうゆうメルカリ便 ➡ 郵便局、ローソンへ持ち込み

ポストに入らない様な大きな商品の場合はどちらせよ持ち込みが必要になりますが、ポストに入るような商品の場合は少しめんどくさいかもしれません。

そして一番面倒くさいのが返品をしたい時です。

例えば、購入側が思っていた商品と違うから返品したいと言ってきた場合は住所を教える必要があります。

そうなってしまうと匿名配送の意味がなくなってしまいます。

自分が出品者なら住所を教えてあげて返品手続きを進めていけばいいですが、購入者側だった場合は相手が住所を教えてくれないと返品することができません。

運営に問い合わせても「住所を教えてもらってください」としか言われません。

そうなってしまうとかなり面倒くさいことになるので、これは匿名配送の大きなデメリットだと思います。

まとめ

匿名配送をマスターしようなどと大袈裟なことを言いましたが、メルカリの匿名配送はとても簡単です。

難しい設定や追加料金などは一切なく、出品時に配送方法を選択するだけで済みます。

無駄なトラブルを避けるためにも匿名配送というのはとても重要なことだと思います。

なので是非匿名配送を利用して快適にフリマアプリを利用してほしいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました