無料お試し「Try WiMAX」を申し込む前に確認しておきたい注意事項と利用方法

インターネット

WiMAXの契約をご検討されて「実際に使ってみない何もわからない」と思っている方は多いのではないでしょうか。

たしかに電波状況や通信速度の快適さは住んでいる場所で細かく違ってくるので実際に使わないとWiMAXが快適に使えるかどうかはわかりません。

しかし一度契約してしまうと契約期間が決まっていて簡単に解約するわけにはいきません。

そこでWiMAXを契約前に無料体験できる「Try WiMAX」というサービスについて紹介したいと思います。

Try WiMAXってどんなサービス?

「Try WiMAX」とはUQコミュニケーションズが提供するWiMAXを15日間無料で体験利用できるサービスです。

WiMAXは契約すると2年から3年の契約期間が設けられ、期間を満了せずに解約すると1万円~2万円の解約料金がかかります。

そこで、契約したけど通信が不安定で快適なインターネットができないということがないように、あらかじめWiMAXの性能を十分に試せるようにしたのがこのサービスです。

Try WiMAXではWiMAXを本契約したときと同じ内容のサービスを15日間無料で体験することができるので、ご自宅の通信環境やインターネットの快適さを十分に試すことができます。

このサービスは完全無料でWiMAXの契約をしなくても利用できますが、申し込みの前に読んでおかなければいけない注意事項がいくつかあるので利用方法とあわせて紹介しておきます。

申し込みから返却までの流れ

1.Try WiMAX申し込みページから仮登録

UQコミュニケーションズ」からTry WiMAXの申し込みができます。注意事項や重要事項に同意してメールアドレスと電話番号を登録すると仮登録が完了します。

2.本登録をして端末発送

仮登録が完了すると本登録で住所などを記入していきます。

このサービスは完全無料ではありますがクレジットカード情報を入力しなくてはいけません

これは返却期限を守らなかったときの保険なので、クレジットカードがないと申し込み及び無料体験はできません

本登録が完了するとレンタル端末が発送されますが、端末の発送手続きが完了した日がレンタル開始日になります。

レンタル端末は選ぶことができるので、契約しようと思っている端末の性能に近いもの選ぶのがおすすめです。

14:30までに申し込みを完了すれば当日発送されるので申し込みをした翌日から無料体験することができますが、端末の到着と返却を考えると実際には13日間ぐらいしかWiMAXの体験利用はできません。

3.端末到着したら初期設定

レンタル端末が到着したら端末の初期化をします。初期化が終われば後はスマホなどを接続するだけで簡単に利用することができます。難しい設定は一切ありません。

4.返却期限までに端末発送

返却についてですが、返却方法が詳しく書かれた指示書がレンタル端末に同封されているので、それをみて返却手続きを進めてください。

返却手続きは非常に簡単でいいのですが、レンタル端末の発送から15日後までに届くように返却をする必要があります

レンタル期間内必着でなくてはいけないので余裕を持った返却をしましょう。

また返却の際の郵送業者は佐川急便と決まっていますので、佐川急便に持ち込むか集荷依頼を余裕をもって行うようにしてください。

レンタル端末の返却が完了すればTry WiMAXの契約が解除ということになります。もしWiMAXを気に入ってそのまま契約をしたいといった場合でもレンタル端末の返却は必須事項なので注意しましょう。

申し込み前に注意しておきたいこと

Try WiMAXの申し込みや利用方法はとても簡単なので誰でも気軽に申し込みができますが、申し込みの前に確認しておかなければいけない注意事項がいくつかあるので紹介します。

申し込みにはクレジットカードが必要

Try WiMAXは料金が発生することはないですがクレジットカード登録をしなくてはいけません

これはレンタル期間を過ぎても端末の返却をしなかった場合のためのもので、端末の返却をしないと違約金の支払いが発生します。

ルーター端末の違約金は20,000円(クレードルありの場合は+2,750円)で、UIMカードの違約金が3,000円となっています。Try WiMAXは端末の返却が完了してサービス解除となるので返却期限は必ず守るようにしましょう。

端末の紛失や破損でも上記の違約金が発生するのでレンタル端末は大切に扱いましょう。

もしもの時のためのクレジットカード登録なので、残高不足の可能性があるデビットカードやプリペイドカード、口座登録等での申し込みはできません。

端末の発送日と返却完了日を含めた15日間

申し込みから返却までの流れでも説明しましたが、端末の発送と返却の日も含めるので実際にWiMAXの体験ができるのは長くても13日間で、地域よっては10日前後になります。

レンタル開始は申し込みをして発送手続きが完了した日からで、レンタル端末が届いていなくてもレンタルは開始されています。

端末の返却については体験期間、つまりレンタル開始から15日目までに返却が完了する必要があります。

サービス内容は本契約したときと同じなので速度制限がある

通信速度やデータ通信量などは本契約と同じ内容なので速度制限もかかります。

WiMAXの回線では3日で10GBを超えた場合、超えた翌日のネットワーク混雑時間帯に速度制限がかかります。auのスマホと同じ4G/LTE回線のハイスピードプラスエリアモードの場合は7GBを超えると月が変わるまで速度制限がかかります。

Try WiMAXはWiMAXの体験が目的なので、WiMAXの回線を使って色々試すのがいいと思います。実際に速度制限をかけて遅くなった時の速度を体験したりするのもいいかもしれません

また、レンタル端末は使いまわしのため、前にレンタルしていた人の通信状況をそのまま受け取ることになるそうです。なので届いた初日などは使い勝手が悪くなります。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかっていた場合は、レンタル開始日によっては終始速度制限がかかった状態になってしまいます。

さすがにそういった事態にならないようにしているとは思いますが、見落としなどの理由で手元に届くかもしれません。

しかし、注意事項にそういう場合もあると記載されているので、速度制限がリセットされる月初めで申し込みをするのがおすすめです。

2回目の申し込みも可能

Try WiMAXでは1度無料体験をしていても、前回の無料体験から180日以上が経っていれば2回目の無料体験をすることができます

ただし、1回目の無料体験の時に返却の遅延やその他トラブルがない場合に限るので、2回目の無料体験をしたい人は日数などを調べてから申し込みをしましょう。

まとめ

  • Try WiMAXは15日間無料でWiMAXを体験できるサービス
  • 申し込みにはクレジットカードが必要(デビットカード不可)
  • 返却をしなかったり、紛失や破損時には約2万円の違約金が発生する
  • 本契約した時と同じサービス内容を体験できる
  • 2回目の無料体験は前回から180日以上経っていればOK

Try WiMAは15日間も無料でWiMAXを体験できるサービスで、WiMAXを契約するか迷っている人には是非利用してほしいサービスです。

レンタル端末も豊富なので自分の契約したい端末で利用体験ができますし、使いすぎると速度制限がかかるのであえて速度制限をかけてどれぐらい遅くなるのかを試すのもいいと思います。

WiMAXは一度契約すると利用期間が長く、途中解約では高額な違約金がかかるので、契約前に是非利用してみてください。

Try WiMAXの申し込みは「UQ WiMAX」公式ホームページから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました