「何年経っても面白い!」PSPで遊べる名作ソフト25選!

この記事は約13分で読めます。

PSPは2004年にソニーから発売されたプレイステーション初の携帯ゲーム機です。モデルチェンジをしながら約10年間の活躍となりました!

発売されたゲームソフトは1,400タイトル以上あるので、遊び残した作品も多くあると思います。

そこででPSPの名作ソフト25作品をランキング形式で紹介したいと思います!

スポンサーリンク

PSPのおすすめソフトTOP25

25位:那由多の軌跡

発売日:2012年7月
ジャンル:アクションRPG

軌跡シリーズの作品で、本作はアクションRPGになっています。シームレスの戦闘なのでストレスがなく、スピーディーで爽快な戦闘を楽しむことができます!

特に、ボス戦はやりごたえがあって面白いです!

軌跡シリーズ自体ストーリーに定評があって、那由多の軌跡もとても面白いです!

シリーズ作品ですが前作を知らない人でも問題なく楽しめます!

24位:バーンアウトレジェンド

発売日:2005年10月
ジャンル:レーシングゲーム

アクションゲームといってもいいようなレーシングゲームです!

というのもこのゲーム、危険走行をすることでスピードアップする仕様になっています。

なので積極的に対向車線を走ったり、ドリフト走行をすることになります。また、車をぶつけて相手の車をクラッシュさせることもできます。

かなり爽快で、ストレス発散にもなるようなレーシングゲームです!

海外では人気高いシリーズ作品です!

23位:メタルギアソリッド ピースウォーカー

発売日:2010年4月
ジャンル:ステルスアクション

ステルスアクションということで、敵に見つからないようにミッションをこなしていくことがメインになります。

戦略を考えたり、見つかるか見つからないかの緊張感を味わえたりと他のアクションゲームにはないスリルを味わうことができます

メタルギアを初めて遊ぶ人にはちょうどいいボリュームです!

22位:ディスガイア ポータブル

発売日:2006年11月
ジャンル:RPG

PS2で発売されたRPG作品”魔界戦記ディスガイア ”の移植版でこのゲームはとにかくやり込み要素が凄いです!

RPGのレベル上限は大体のゲームが99までですが、本作は9999と桁違いです。

やり込み要素に手を出すと何時間でも遊べますが、ストーリーをクリアするだけなら30時間程度で終わると思います。

ストーリーもいいですし、キャラデザも好評なので、おすすめしたいRPG作品の1つです!

ディスガイアのキャッチコピーは”史上最凶のシミュレーションRPG”です!

21位:みんなのGOLFポータブル2

発売日:2007年12月
ジャンル:スポーツ

ゴルフに全く興味がない人でも楽しめるゲームでやり込み要素も充実しています!

キャラクターを出したりしようと思うと、いいスコアを出す必要があるのでついつい何回もチャレンジしてしまいます。

サクッと遊べるゲームなので、ちょっとした暇つぶしにおすすめです!

『みんなのテニス』『みんなのスッキリ』がシリーズ作品としてPSPでも発売されています!

20位:喧嘩番長4 一年戦争

発売日:2013年7月
ジャンル:アクションアドベンチャー

ヤンキー学校での闘争を描いたアクションアドベンチャーです!

個性的なキャラクターや、自由度の高さ、アクションの面白さなど完成度の高い作品です!

特に戦闘の自由度が高くて、攻撃パターンも自分でカスタムすることができます。

この戦闘システムはかなり高評価なので、格ゲーが好きな人にも遊んで欲しい作品です!

19位:機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダム NEXT PLUS

発売日:2009年12月
ジャンル:バトルアクション

2対2のチーム戦で戦うのが特徴的なバトルアクションゲームです。1対1では味わえない戦術的な面白さがあります!

このゲームはPSPにしてはかなり大ボリューム作品です!

4体の機体編成で行う『NEXT PLUSモード』では200以上もミッションが用意されています。

そしてこのモードがかなり面白いです!

使える機体は60機以上あるのでガンダム好きにはたまらない作品でだと思います!

18位:ファンタシースターポータブル

発売日:2008年7月
ジャンル:RPG

ファンタシースターシリーズ初となる携帯ゲーム機での発売で、今までのシリーズを知らない人でも関係なく楽しむことができるアクションRPGです。

アクション要素はそこまで難しくないので苦手な人でも楽しめると思います!

どちらかと言えば無双ゲームに近い戦闘なので、かなり爽快で楽しいです!

手軽なRPGや、アクション系のゲームで遊びたい人におすすめの作品です!

17位:ゴッドイーター バースト

発売日:2010年10月
ジャンル:アクションRPG

世界の運命を背負ってアラガミと呼ばれる敵と戦うアクションRPGです!

かなり作り込まれた作品で、アクションもストーリーも素晴らしいです!

ストーリーがいいのでRPG好きな人におすすめしたいですが、モンハン系のゲームが苦手な人は苦戦すると思います。

NPCが優秀なので一人でも全然楽しめる作品です!

16位:バイトヘル2000

発売日:2005年12月
ジャンル:ミニゲーム

個人的には伝説のクソゲー(良い意味で)だと思っているミニゲーム集です!

バイト(ミニゲーム)をしてお金貯め、そのお金でガチャをするというゲーム内容です。

ミニゲームがかなり変わっていて、例えばヒヨコを永遠と性別判定したり、ボールペンにキャップを付け続けるなんてものもあります。

中毒性が高くて面白いミニゲームもたくさんありあますが、おふざけ要素が全面にでているものばかりです!

ガチャのコレクション要素もあるので、コンプリートしようと思えばひたすらミニゲームで遊ぶ必要があります。

ただ、地味に熱中してしまうのが本作の凄いところだと思います!

15位:EXIT

発売日:2005年12月
ジャンル:パズルアクション

2Dスクロールアクションゲームに謎解き要素をプラスしたパズルアクションゲームとなっています。

ステージ内には消火器やカギなどのアイテムがあり、これを上手く使い脱出しなくてはいけません。

ミッションもありますし、制限時間があるのでゲーム難易度は結構高めです

何回もやり直しながらじゃないとクリアが難しいので、もはや死にゲーです!

14位:無限回廊

発売日:2008年3月
ジャンル:パズルゲーム

目の錯覚を利用したパズルゲームで、途切れている道を繋いでステージ上にいる人をゴールに導きます

発想力が必要なパズルゲームで、色々動かして失敗してを繰り返すので忍耐力も必要かもしれません。

当時はかなり斬新なシステムで面白さ倍増でした!

同シリーズで『時限回廊』という作品もありますが、これも斬新で面白いです!

13位:討鬼伝

発売日:2013年6月
ジャンル:アクション

無双シリーズでおなじみのコーエーテクモゲームスよりPSPソフトとして発売されたソフトで、鬼と敵を討伐するハンティングアクションゲームとなっています。

ゲームシステムで言えばモンハンに似ていますが、こちらは和のテイストを感じれるのでこれはこれでありだと思います。

12位:デジモンワールド Re:Digitize

発売日:2012年7月
ジャンル:RPG

ポケモン系のRPGでデジモンを育成してデジモンでバトルをしながら冒険をします。

デジモンの育成が醍醐味のゲームで、寿命とかもあるのでそこら辺を上手く考えながら育成していくのが面白いです!ミニゲームなどを取り入れるなど飽きさせない工夫も多く見られます。

ゲームボリュームはやや少なめですが、PSPで発売されたRPGの中ではかなり面白いです!

デジモンを全く知らなくても楽しめるので、RPG好きな人は是非遊んでみてください!

11位:初音ミク -Project DIVA-

発売日:2009年7月
ジャンル:リズムゲーム

収録されている39曲すべてボカロ曲なのが特徴的な音ゲーです!ボカロ人気をさらに加速させたシリーズではないでしょうか。

”太鼓の達人”とは違い四方八方からリズムアイコンが流れてきます。

難易度の高いモードになるとかなりやりごたえがあって面白いです!

ボカロ曲を知らなくてもリズムゲームが好きな人なら間違いなく楽しめる作品です!

10位:ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

発売日:2010年11月
ジャンル:推理アクション

推理アクションというジャンルのゲームで、ハイスピードな推理を楽しむことができるゲームです!

  1. 「学校に閉じ込められた生徒が学校内で共同生活をします」
  2. 「共同生活をしていると殺人が起きて誰かが死にます」
  3. 「生徒による裁判が開かれ犯人を特定します」
  4. 「犯人はバレたら処刑、バレなかったら他の人が処刑」

このような手順で推理と殺人が繰り返されます。証言の矛盾をついていく形で推理することになるので謎解き系が好きな人におすすめしたいです。

ゲームシステムも面白いですが、何よりも登場するキャラクターが個性に溢れていて愛着が湧きます。なので好きなキャラクターが死ぬと結構悲しいんですよね。

アニメチックな演出ではありますが年齢制限がかけられている作品なので注意してください。

9位:100万トンのバラバラ

発売日:2010年2月
ジャンル:解体切断アクション

制限時間内に戦艦を切り取ってバラバラにする、2Dのアクションゲームです

紹介動画とかでは伝わりにくいですが、爽快感もあってかなり面白い作品です!

独特なグラフィックと世界観もいいですし、BGMがマッチして全体的な雰囲気がとても心地いいです。

パズルゲームに近いアクションゲームなのでストレス発散にもなる作品です!

8位:ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

ぼくのなつやすみ4

発売日:2009年7月
ジャンル:アドベンチャー

『ぼくなつ』でお馴染みのアドベンチャーゲームで、カブトムシを捕まえたり島を探索しながら昔懐かしい夏休みを体験することができます。

実はこれがぼくなつシリーズとしては最後の作品でPSP以外では遊ぶことができません。

ぼくなつはどの作品も、夏休みが終わりそうになると寂しくなる気持ちを味わわせてくれるので大好きな作品です。

「どこか懐かしい」を体験できる、大人にこそオススメしたい作品です!

7位:僕の私の塊魂

発売日:2005年12月
ジャンル:アクション

”塊”を転がしてマップに設置された人や建物などを巻き込み、とにかく大きな塊をつくるというシンプルなゲームです。

塊を転がして大きくするだけなのに中毒性と爽快感があってめちゃくちゃ癖になる面白さです!

ステージごとにBGMが違っていて、これがまた素晴らしいBGMで単純でも飽きさせない要因になっています。

松崎しげるさんが歌うエンディングは最高です!

6位:セブンスドラゴン2020

発売日:2011年11月
ジャンル:RPG

PSPで遊んだRPGの中で一番面白いと思ったのがこの作品でした!

PSPは全体的にゲームボリュームが少ない印象ですが、本作はしっかり楽しむことができます!(30時間前後がクリアの目安)

ドラゴンに支配された地球で、東京奪還を描いたストーリーです。結構シリアスなセリフもあったりするので大人でも楽しめるストーリー仕立てになっていると思います。

戦闘はコマンド式の王道RPGといった感じですが、色々な要素が集まっていてクリアまで退屈させないようになっています!

『2』もPSPで発売されていて本作の1年後が舞台なので、2も合わせておすすめです!

5位:モンスターハンター 2nd G

発売日:2008年3月
ジャンル:アクション

PSPを語る上で欠かせないのが『モンスターハンター2nd G』です!

やはりPSPの全盛期を支えたのは間違いなくモンハンです!The Best版を含めると累計売上販売数は堂々の1位です!(The Best版を含めないとモンハン3rdが1位です)

モンハンもシリーズ作品が続いてどんどん進化していっていますが、今遊んでも確実に面白いと思えるほど色あせない作品です!

当時このクオリティーのゲームがあったことがどれだけ凄かったのか今になって実感します!

4位:太閤立志伝V

発売日:2009年9月
ジャンル:シミュレーション

5人の主人公から1人を選んで天下統一を目指す戦国シミュレーションゲームです。

ゲームの流れが簡単にまとめれないので公式の紹介ページで確認していただきたいと思います。

攻略の自由度が高いので自由に天下統一を目指すことができます

歴史通りに信長に天下を取らせることもできますし、謀反を起こしてオリジナルの歴史を作ることもできます。

ゲームボリュームが大きいのでクリアまでかなり時間がかかると思います。

ハマると抜け出せないほど時間を忘れて遊べる作品です!

3位:AKIBA’S TRIP

発売日:2011年5月
ジャンル:アクションアドベンチャー

相手の服を脱がすという斬新な要素を取り入れた戦闘システムのアクションアドベンチャーです。

おふざけ系のゲームかと思いますが、「侍道」のスタッフが戦闘アクションを手掛けているのでアクションの完成度がとても高くて面白いです!

戦闘システムだけでなくストーリーもかなり面白いので、全体的に完成度が非常に高い名作です!

マップは実際の秋葉原を再現しているので普通にゲームをしいるだけでも面白いです!

想像以上にハイクオリティな名作です!

2位:勇者のくせに生意気だ。

発売日:2007年12月
ジャンル:タワーディフェンス

タワーディフェンス系のゲームで、ルールと操作はとても簡単です!

ですが奥が深く、かなり頭を使う戦略的なゲームです!

  1. 地下の地面を掘って魔物を誕生させる
  2. 魔王様を隠す場所を決める
  3. 勇者が魔王様を目指して攻めてくる
  4. 勇者を撃退できれば勝ちで魔王様を連れていかれたら負け

魔王様を隠す場所や、魔物の配置に正解がないので試行錯誤しながらクリアを目指していきます。

中毒性が高くて、難易度が上がっていくほどやめられなくなると思います!

BGMやグラフィックも良く、夢中で遊べる中毒性の高い作品です!

1位:パタポン2 ドンチャカ

発売日:2008年11月
ジャンル:リズムアクション

音ゲーとアクション要素を混ぜた2Dストローク式のゲームでリズムよく決められたコマンドを入力すると攻撃や移動ができるようになっています。

  • 進む『□(パタ)、□(パタ)、□(パタ)、〇(ポン)』
  • 攻撃『〇(ポン)、〇(ポン)、□(パタ)、〇(ポン)』

コマンドは8種類あって、全てが4つのボタンの組み合わせなので比較的覚えやすいです。

慣れてしまえば無意識にコマンドを打てるようになりますが、それぞれの状況に合った判断やリズム感のキープはなかなか難しいです!

このゲーム最大の魅力はチーム編成の面白さです!

槍部隊や弓部隊などパタポンの種類があるので、チーム編成をして各ステージを攻略していきます。

適当な部隊を組んでもステージを攻略するのは難しくて、戦略的な一面が強いです。

さらにコマンドと部隊相性もあるので見た目以上に濃い内容の作品です!

面白い要素がつまったオリジナリティ溢れる名作です!

ちなみにパタポン1は激ムズで、パタポン3はヌルゲーです。

まとめ

PSPの面白いソフトを25作品紹介しましたが、まだまだたくさん面白いゲームはありあます!

PSPは手軽に遊べるのに、しっかりやり込める名作が多いのでゲームにハマりたい人にはかなりオススメできるプラットフォームです。

マイナーな作品も多いので是非色々なソフトを遊んで欲しいと思います!

ゲーム
スポンサーリンク
もも太をフォローする
InfoGiCcc

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました