スイッチのmicroSDカードは128GBだと足りないのか?

この記事は約5分で読めます。

ニンテンドースイッチに使うmicroSDカードで、128GBを購入しようと思っている人は結構多いのではないでしょうか?

金額的にも容量的にも128GBがなんとなく丁度いいような感じがしますが実際のとことはどうなのか、128GBでダウンロードできるゲーム本数など基準になる数字を紹介したいと思います!

あわせておすすめの128GBのmicroSDカードを紹介するので、どのmicroSDカードがいいか迷っている人は是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

パッケージ版で遊ぶなら128GBでも問題なし!

スイッチは本体容量が32GB(有機ELモデルは64GB)あるので、128GBどころかmicroSDカードがなくても遊ぶことができます。

microSDカードが必要になるのは主にダウンロード版を購入する人で、パッケージ版でゲームをするならmicroSDカードはなくても問題ありません。

ただし、エイペックスやフォートナイトのような無料でダウンロードして遊ぶなら本体容量だけでは足りない可能性がでてきます。なので32GBでもいいのでmicroSDカードは用意した方がいいです。

ダウンロード版で遊ぶ人の場合ですが、128GBのmicroSDカードは人によっては十分だったり足りなかったりになると思います。

128GBでダウンロードできるゲームの本数

大体ですがスイッチのゲームを1本ダウンロードするのに必要な容量は5GB~10GBぐらいです。ただし少ないものだと1GB前後、大きいもで20GB前後とかなり幅広いです。

なのでどんなゲームで遊ぶかでダウンロードできる本数も変わってきますがだいたい10本~15本前後が目安です!

タイトル必要な容量
マリオカート8デラックス6.9GB
あつまれどうぶつの森10.2GB
マインクラフト1.1GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド14.4GB
APEX24.4GB
フォートナイト13.6GB
桃太郎電鉄1.9GB

例えば上記の6タイトルだと60GB以上必要になりますが、128GBならまだあと6本はソフトをダウンロードする余裕があります。

ゲームソフト12本前後なら、少なすぎるということもないのでとりあえず買うということなら128GBでも十分なのではないでしょうか?

最悪足りなくなったら買えばいいだけなのでとりあえず128GBを買うのもいい選択肢だと思います。

あらかじめ自分の欲しいソフトの必要容量を調べておくとmicroSDカードを選ぶのに役立ちます!
ダウンロードソフトの容量についてはニンテンドーのホームページで調べることができます。

128GBでおすすめのmicroSDカード

128GBのmicroSDカードを購入しようと思っている人におすすめのものを3つほど紹介します。

任天堂正式ライセンス『SanDisk』のスイッチ用microSDカード

SanDiskスイッチ用microSDカード

SanDisk(サンディスク)のmicroSDカードの標準グレードである『SanDisk Ultra』は価格も安くてコスパに優れたmicroSDカードです。ただ、今回紹介したいのはスイッチのロゴが入っているスイッチ用のmicroSDカードです!

このスイッチ用microSDカードは最上位グレードの『SanDisk Extreme Pro』に該当するスペックで、最大転送速度100MB/秒(書き込み速度90MB/秒)を発揮する高性能microSDカードです。

標準グレードに比べると価格は高くなりますが、転送速度が速いとゲームのロード時間が早くなるのでダウンロード版で遊ぶ人にとっては大きなメリットになると思います。

また、デザインが可愛いのもおすすめのポイントです!

5年間のデータ回復保証付き『GIGASTONE 4K Game Turbo』

GIGASTONEのスイッチ対応microSDカード

GIGASTONE(ギガストーン)が発売する『4K Game Turbo』というmicroSDカードは5年間のデータ回復保証付きです!

5年という保証期間は他のメーカーに比べると長いので、ダウンロード版をたくさん購入する人でも安心して利用することができます。

最大転送速度はA2規格でしか表示されていないですが、UHS-ⅠのU3クラスなので最低でも30MB/秒は発揮します

スピードや価格よりも保証を重視する人におすすめのmicroSDカードです!

コスパ重視の『SAMSUNG EVO Plus』

SAMSUNG

SAMSUNG(サムスン)のEVO Plusは価格が2,000円を下回りながら、最大読み込み速度100MB/秒(書き込み60MB/秒)を発揮するU3規格になります。

ただ実際の速度は60MB/秒以上といった感じですが、スイッチが推奨する60~95MB/秒は期待できます。

価格は抑えつつ快適な転送速度を発揮するので、コスパ重視の方におすすめしたいmicroSDカードです!

まとめ

microSDカードは結構ハズレが多くて、中には非正規品を買わされることもあります。購入する場所にもよりますが、どんな製品にもハズレが混じっているようなのでハズレに当たったら保証を使って交換してもらいましょう。

『スイッチで使えない』というレビューがついているものもありあますが、これもハズレを引いただけの可能性が高いので交換で対応してもらうのがいいと思います。

非正規品はネットショップでよく聞きますし、ネットショップだと交換や返品に時間がかかりますし、送料を負担させられることもあります。

なので、できるだけできるだけ家電量販店などの店舗で買うのをおすすめします!

ゲーム
スポンサーリンク
もも太をフォローする
InfoGiCcc
タイトルとURLをコピーしました