【3DS】ダウンロード版で遊ぶならSDカード必須!SDカードの種類に注意。

この記事は約5分で読めます。

3DSは名作が多いので、是非遊んで欲しいハードの1つです!

特にダウンロード版では、昔の作品が遊べるバーチャルコンソールが充実しています。

最近は中古だと4,000円ぐらいで買えるので、3DS本体を持っていなくても一式揃えて遊びたいゲームを満喫するのもおすすめです!

3DSで遊ぶ場合、SDカードが必要になることがあります。

そこで今回は3DSで遊ぶ際にSDカードが必要なのかどうかを紹介したいと思います!

それでは詳しく説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

ダウンロード版はSDカードがないと遊べない!

ダウンロード版を購入して遊びたいと思っている人は、必ずSDカードを用意しましょう!

ダウンロードしたゲームデータ及び、セーブデータはSDカードに保存されるのでSDカードなしでは遊ぶことができません。

注意喚起

※パッケージ版については後述します。

ただし、SDカードなら何でもいいというわけでありあません。

SDカードを選ぶときの注意点を紹介します。

SDカードを選ぶ際の注意点

SDカードを用意するにあたって2つの注意点があります。

1.SDカードの種類

3DS本体には種類があって、それによって使えるSDカードの種類が異なります。

『New 3DS』は遊べるソフトが違うの?中古で『3DS』や『DS』を買うときの注意点
ついに3DSの生産が終了してしまいました、、、 スイッチが登場したことで携帯ゲーム機の存在価値が薄れてはいましたが、ついに生産が終了しました。 今後ソフトの発売はありますが、本体の製造はなくなるので値段が高騰する前に入手しておき...

せっかく用意したのに使えないと残念なので、持っている3DSにあったSDカードを用意しましょう。

3DSの種類は大きく分けて2つで、『NEW』が付くものと、付かないものです。

『NEW』が付かない3DSシリーズはSDカードに対応しています。

『NEW』が付かないシリーズ

SDカードアダプターがあるので、間違ってmicroSDカードを購入しても問題ありません。

販売されているSDカードも、SDカード変換アダプターとmicroSDカードのセットがほとんどなので最初からそちらを購入する方がいいと思います。

一方の『NEW』がつくシリーズではmicroSDカードにのみ対応しています。

『NEW』が付くシリーズ

間違ってSDカードを購入すると使えないので注意してください。

2.SDカードの容量

3DSではギガ数の代わりにブロック数で容量を表示しています。

SDカード容量ブロック数
2GB約16,400
4GB約32,800
8GB約65,600
16GB約131,200
32GB約262,400

ゲームソフトをダウンロードするのに必要なブロック数ですが、ソフトによってかなり違います。

例えば『リズム天国 ザ・ベスト+』の場合、必要なブロック数は3,234以上で2GBのSDカードでも余裕があります。

では容量の多いソフトではどうでしょうか。

『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪れし姫君』の場合、必要なブロック数は27,838以上とで2GBのSDカードでは容量が足りません。

必要なブロック数は任天堂のホームページで、ゲームソフトを調べるとわかります!

なのでダウンロード版で遊ぶ場合はできるだけ容量が多いSDカードを用意したいところです。ところが3DSでは64GB以上のSDカードは使用できないことになっています。

任天堂サポートより

最大でも32GBのSDカードが限界で、容量がいっぱいになったら新しいSDカードを用意するしかありません。

64GB以上でもSDカードなら使えるんじゃないのという疑問が生まれると思って、試してみました!

実際に64GBのSDカードを挿し込んで起動してみましたが、ちゃんと作動しました。

ゲームソフトのダウンロードも起動も問題なかったです

しかし、64GB以上のSDカードを挿した状態だと3DSの起動がとても遅いです。

起動さえしてしまえば問題なく作動しますが、何かの影響で3DS本体が壊れたりセーブデータがとんだりするのは怖いのでおすすめはしません。

パッケージ版でもSDカードが必要になる場合

実際にパッケージ版ではセーブデータはすべてゲームカートリッジに保存されます。

しかし、例外があってパッケージ版でもSDカードが必要になることがあります。

パッケージ版でもSDカードが必要になる場合は以下の2つです。

  • 更新データや追加コンテンツのダウンロード
  • セーブデータがSDカードに保存されるソフトで遊ぶ

パッケージ版で遊んでいても更新データや追加コンテンツがある場合は、全てSDカードに保存されます。

SDカードがない場合は更新データなどはダウンロードせずに遊ぶことになります。

また一部のソフトではパッケージ版でもセーブデータがSDカードに保存される仕様のものがあるようです。

こういうこともあるので、パッケージ版で遊ぶ人もSDカードは用意しておいた方がいいと思います。

32GBのSDカードでも1,000円しないので、気にならなければ32GBのSDカードをおすすめします!

サービス終了の前に

ダウンロード版でしか遊べない作品も多くあります。

例えばバーチャルコンソールのような作品はダウンロード版でしか遊ぶことができません。

しかし3DSの『ニンテンドーeショップ』は2022年3月28日(火)午前9時をもって終了予定です。

追加コンテンツや更新データはまだ大丈夫ですが、ダウンロード版の購入が出来なくなってしまいます。

サービスが終了する前に3DSで遊べる名作の購入をおすすめします!

まとめ

3DSに必要なSDカードについて紹介させていただきました!

3DS本体の生産終了、ニンテンドーeショップのサービス終了予定もあってこれから先はSDカードがあってもどうしようもなくなるかもしれません。

しかし、2023年3月末までは3DSおよび、ダウンロード版で遊ぶならSDカードは必須です。

これから3DSで遊ぼうと思っているひとはSDカードを準備して、ダウンロード版でも是非遊んで欲しいと思います!

ゲーム
スポンサーリンク
もも太をフォローする
InfoGiCcc
タイトルとURLをコピーしました