ゲームギューブで発売された神ゲーランキングTOP20

この記事は約9分で読めます。

ゲームキューブで発売された神ゲーをランキング形式で20作品紹介したいと思います!

ゲームキューブは2001年に任天堂が発売したプラットフォームで、国内で発売されたソフトは276本とかなり少ないです。

ただ、数は少ないですがゲームキューブでしか遊ぶことのできない名作もあるので遊び残したソフトがある人は是非遊んでみてください!

ゲームキューブの神ゲーランキング

20位:ルイージマンション

お化け屋敷で迷子になったマリオをルイージを操作して探すアクションアドベンチャーゲームです。

3DSでリメイク版が発売されていましたし、新作も出ているので馴染みの深い作品だと思います。

オバキュームという掃除機を使って、屋敷にいるオバケを退治しながら探索していきますがカメラワークだったり移動速度だったりシステム面が影響して少し難しくしています。

ですがゲームシステム自体はかなり面白いのでアクション系のゲームが好きなら楽しめる作品で間違いないです!

19位:桃太郎電鉄12

すごろくゲームの定番である桃鉄の12ですが、ゲームキューブとPS2で発売されています。

本作では全国編といういつものモードに加えて、「西日本編」という西日本マップだけで遊ぶモードがありますがこれがかなり面白いです!

シリーズ全体を見てもマップ限定で遊べる作品は少ないのでおすすめです!

18位:ゾイド フルメタルクラッシュ

動物や恐竜の形をしたメカのおもちゃがゾイドで、これのゲームでPS2で発売された『ZOIDS STRUGGLE』に追加コンテンツを加えたゲームキューブ版です。

1対1の対戦型アクションゲームでガンダムのようなロボット系のアクションゲームが好きなら楽しめる作品で、格闘ゲームだけど操作は難しくありません。

メカらしからぬスピード感で、かなり爽快で楽しい戦闘がでますし20代~30代の男性にとっては懐かしさ溢れるゲームだと思います!

登場する期待が少ないのでやり込み要素の面では物足りないかもしれまんが、それでもかなりハマれるゲームです!

17位:大乱闘スマッシュブラザーズDX

これまたパーティゲームの定番で、ゲームキューブソフトの売上本数ランキングは第1位です。

本作ぐらいのボリュームがなんだかんだで一番ちょうどいい気がします。

Wiiでスマブラが発売されても、こっちを遊んだぐらい思い出深い作品です!

究極は64のスマブラで、あれぐらいシンプルの方が盛り上がります!

16位:ペーパーマリオ RPG

ニンテンドー64で発売された『マリオストーリー』の続編ということで、ゲームキューブで新登場したシリーズではありません。

スーパーマリオシリーズでしか遊んだことがない人にとっては、このペーパーマリオRPGは強烈な違和感を感じると思います。

ペーパーマリオシリーズは基本アクションアドベンチャ系ですが、最初の2作品はアクションRPGということで会話だったり、戦闘システムなど多くの面でマリオらしからぬ作品です!

マリオとは切り離して1つの作品として見るととても面白いゲームなので気になる人は是非遊んでみてください!

15位:ゼルダの伝説 風のタクト

アクションアドベンチャーゲームの人気シリーズ『ゼルダの伝説』ということで安定の面白さです!

ファンの間では賛否両論あるようですが、初めてこのシリーズで遊ぶ人にとっては良作だと思います。

ただし、ちょっと難しいところもあるのでアクション系が苦手だと苦戦するかもしれません。

ゲームキューブでのシステム的な問題面の多くを解決した、リマスター版がWiiUで発売されているので本体を持っている人はそっちの方が楽しく遊ぶことができると思います。

14位:マリオパーティ4

パーティゲームの定番で、ゲームキューブソフトの売上本数はスマブラに次いで2位となっています。

本作からはパーティ色が強くなっていますし、ミニゲームは60種類以上あるのでワイワイ楽しめると思います!

13位:ドカボン DX

すごろくとRPGを融合させたユニークな作品です!

ベースはすごろくなので最後にお金をたくさん持っていた人の勝ちなのですが、お金の稼ぎかたがマスに止まったら出てくるモンスターとの戦闘やダンジョンです。

なので経験やレベルもありますし、武器や防具といった装備もあります。

もちろんプレイヤー同士の対戦もありますし、他プレイヤーへの妨害手段がたくさんあるので友情崩壊ゲームではありますが、友達と遊べば盛り上がること間違いなしです!

12位:パズルコレクション

スーパーファミコンで発売された3つのパズルゲーム『ドクターマリオ』『ヨッシーのクッキー』、『パネルでポン』を収録したソフトです!

#ニンテンドーより

1つだけでも何時間も遊べるパズルゲームなのに、3つも収録されているとなるとかなり楽しめます!

特にヨッシーのクッキーは遊んだことがある人が少ないと思うので新鮮味もあっていいかもしれません。

欲を言えば『ヨッシーのたまご』も収録されていればよかったのですが、、、

11位:ドンキーコンガ

リズムに合わせて樽を叩く音ゲーで、太鼓の達人のドンキーコング版といった感じです。

コントローラーで遊ぶこともできますが、専用コントローラー(タルコンガ)を用意するとさらに楽しく遊ぶことができます!

#ニンテンドー

楽曲は32曲と少し少ない気もしますが、ジャンルは様々で懐かしい楽曲が楽しめるのがいいです!

10位:ガチャフォース

手のひらサイズの意思を持ったガチャボーグで戦う対戦型アクションゲームで、とにかくハチャメチャです

ストーリーモードでは周回必須で1周しただけだど206種類ある機体全てを手に入れることはできません。

機体それぞれには特性がありますが、時間を止めたり、大きくなったりとにかくハチャメチャでバランスの悪いことこの上ないです!

対戦モードで友達と遊ぶ場合は独自のルールを決めないと期待によっては勝負にならない可能性もあります。

こんなハチャメチャなゲームではありますが、ロボ系独特の難しい操作は一切なく爽快で楽しい戦闘はかなり魅力的です!

誰でも楽しめますしまさに隠れた名作です!

9位:ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡

シミュレーションRPGでお馴染みのファイアーエムブレムシリーズの9作目のナンバリング作品です!

ゲームキューブになってグラフィックが2Dドット絵から3Dに変わりましたが、個人的には2Dドット絵の方が好きです、、

全体的に今までのシリーズからとは違う作品作りにトライしたような作品で、良くも悪くも新鮮味があっていいと思います!

難易度はやや高めですが、システムもストーリーも素晴らしい作品で間違いないです!

8位:ギフトピア

ギフトピアは知る人ぞ知る名作で、ジャンルはRPGとなっていますが戦闘は一切ありません。

主人公は大人になるためのオトナ式をボイコット(寝坊)したため牢獄に、、、

色々あって牢獄を出るわけですが、500万マネをためてオトナ式をやり直さないといけません。

色々なことをしながらお金を貯めていますが、RPGなので色々ストーリー展開があってかなり面白いです!

序盤は主人公の顔にモザイクがかかる

ギャグ系の面白さと、他に似たゲームがないというオリジナル性が素晴らしいです!

7位:斑鳩(いかるが)

もともとはアーケードゲームで、縦スクロールのシューティングゲームになります。

ただのシューティングゲームとはひと味違った作品で、発射される弾丸に属性があって、属性の相性によっては弾丸を吸収することができます。

また吸収したエネルギーを開放すること強力なレーザーを打つこともできます。。

単純だけどとても面白く、スイッチやPS4といった現行ハードでも移植版が発売されているところをみると根強い人気があることがわかります!

6位:どうぶつの森 e+

最近のどうぶつの森シリーズに比べれば自由度はそこまで高くないですし、ゲームボリュームもはるかに劣ります。

しかし最近のシリーズでは味わえない楽しさがあって、ゲーム全体の雰囲気や住人との会話はゲームキューブ時代の方が好きです!

ファンからの人気も高く、作業感が少なくゲームテンポが遅いところをみると「これがどうぶつの森だな」と思えます!

あとは、ゲーム内でファミコンが遊べるのは何よりも素晴らしいポイントです。

5位:ピクミン

ゲームキューブで初登場となったピクミンシリーズは、その独特な世界観と簡単そうに見えて意外に難しいゲーム設定もあってクセになる面白さがある作品でした!

人気も非常に高く、テーマソングである「あいのうた」もあって認知度もかなりのものだと思います。

プチトマトサイズのピクミンから見た世界観というのは子供心をくすぐるようで、個人的にはこの雰囲気がたまらなく好きです!

ピクミン2もゲームキューブで遊ぶことができるので、合わせておすすめします!

4位:ジャイアントエッグ

タマゴを転がしながら冒険するちょっと変わったアクションゲームですが、まさに隠れた名作の名にふさわしい作品です!

アクションゲームとしてはそこそこに難しく、タマゴアクションは爽快感と難しさがいい感じにマッチしているのも素晴らしいところです!

#任天堂より

また、タマゴからは動物が生まれたりしてコレクション要素があるのもこのゲームの面白いところです!

またバトルモードでは友達とデスマッチを楽しむことができますが、これがかなり盛り上がって面白いです!

3位:マリオカート ダブルダッシュ

後にも先にも「2人乗り」のマリオカートはダブルダッシュだけなので、今でも遊ぶ価値が高い作品です!

2人乗りになったことでアイテムがストックできるようになり、レース中の攻防が激しくなっています。

また、コースと操作性の難易度が高いため普通に1人でグランプリモードを遊んでいてもかなり面白いと思います。

全体的な完成度が非常に高い名作です!

2位:スーパーマリオ サンシャイン

マリオシリーズでは2作品目となる3Dアクションとなったサンシャインですが、前作の『スーパーマリオ64』をはるかに上回る面白さでした!

水を噴射して飛んだり攻撃したりできるポンプを使ったアクションがとても面白く、南の島という設定ともマッチしていて良かったです!

3Dアクションということもあって、難易度もそこそこにかなり楽しめる作品だと思います。

1位:カービィのエアライド

ゲームキューブの神ゲーランキングの第1位はカービィシリーズの最高傑作”エアライド”です!

一応レースゲームではありますが、このゲームの「シティモード」はパーティゲームとしてかなり盛り上がります。

中毒性があって何回遊んでも全く飽きないのが特徴で、友達と遊べば盛り上がること間違いなしです!

ただし、本気になりすぎると友情を破壊するほど削り合うので要注意です!笑

まとめ

発売ソフトが少ないので名作もそこそこの数しかありませんね、、、

ナンバリング作品以外の、ゲームキューブ初登場のソフトで名作となるとホントにわずかです。

ですがゲームキューブでしか遊べない名作がホントに面白いので気になったら是非とも遊んでほしいです!

ちなみに、手元にハードがない場合はゲームキューブではなくWiiを買うのがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました