まだみたことない人必見!細田守監督のおすすめ作品ランキング!

この記事は約4分で読めます。

日本のアニメ映画を代表する細田守作品について紹介したいと思います!

『時をかける少女』でお馴染みの細田守監督ですが、まだ作品を見たことがない人向けに細田守監督のおすすめ作品をランキング形式で紹介したいと思います!

スポンサーリンク

細田守監督ってどんな人物?

Wikipediaを参考にさらっと細田守監督がどんな人物なのか紹介します!

詳しく知りたい方はWikipediaをご覧ください。

元々は東映アニメーションで監督をしていたそうで、1999年の「劇場版デジモンアドベンチャー」が代表作としても有名です。

2000年にはジブリの『ハウルの動く城』の監督に抜擢されましたが、色々あったみたいで途中で監督を降りています。

その後、2005年に東映アニメーションを辞めてフリーになり、翌年に『時をかける少女』の監督となります。

ここから細田守監督の素晴らしい作品が広く浸透していくことになりました。

今回は『時をかける少女』以降の作品を紹介したいと思います。

おすすめランキング

面白い作品順というわけではないですが、この作品から見て欲しいという順番で紹介させていただきたいと思います!

1位:時をかける少女

細田守監督の作品の中で最も有名な作品といってもいいのが時をかける少女ではないでしょうか。

これは筒井康隆さんの小説「時をかける少女」の続編としてつくたれた作品ですが、原作を知らなくても問題なく楽しめます。

過去に戻れる力『タイムリープ』を手に入れた主人公が送る切ないラブストーリーです、時間の尊さやはかなさがあることを教えてくれる素晴らしい作品です!

やはりこの作品から細田守監督の人気が爆発したので、原点ともいえるこの作品から楽しんで欲しいです!

2位:サマーウォーズ

主人公とヒロインが田舎のおばあちゃんの家で送るドタバタな夏休みを描いたストーリーで、1つの事件をきっかけに世界の危機に巻き込まれることになった主人公がヒロインの家族と連携してその危機に立ち向かう熱くてワクワクする内容となっています。

ファンの間でも圧倒的な支持を集めている作品で、アニメ映画の中でも上位に入るほど面白いです!

インターネット社会が進んでも、人との繋がりが失われてはいけないんだなと思わせてくれるような素晴らしい作品でした!

主人公とヒロインの恋愛要素もよくて、ヒロインがとても可愛いのも高評価ポイントの1つです!

3位:おおかみこどもの雨と雪

花と狼男との間に生まれた雨と雪の子育てを描いたファンタジー作品です!

人間として生きるか、狼として生きるか選択を問われる子供、そして花にも親として選択をしなければならない場面が、、、

親として子供にしてあげられることをより一層考えさせてくれるような作品になっていると思います。

皆さんが望む結末ではないかもしれませんが心に残るおすすめの作成です!

4位:竜とそばかすの姫

細田守監督最新作映画で、評価も上々の作品です。

なんとなく雰囲気でもわかりますが『美女と野獣』をモチーフにしているので似ている部分が多いです。

内容的にはインターネットを題材に現代社会に潜む光と闇の二面性が上手く表現されています

今まで以上にメッセージ性の強い作品なので好き嫌いがはっきりしそうですが、是非見て欲しい作品です!

また、ストーリーだけでなく歌やキャスティングが素晴らしいので是非映画で楽しんで欲しいと思います!

5位:バケモノの子

人間の主人公がバケモノの世界で、バケモノ・熊徹の弟子として成長していくファンタジー作品です。

物語前半はとても面白くて夢中になって見れますが、後半が少し残念な作品「後半が意味わからない」「支離滅裂」など悪いレビューをよく見かけます。

細田守監督はこの作品を通して「家族観が変わる現代社会で、新しい大人は子どもにどんな姿を見せ、何を手渡してあげれるか」を考えて欲しいと言っておられました。

何も考えずに見ると確かに後半は謎な点が多いですが、細田守監督のコメントを頭に置いて見ればなんとなく後半も理解できると思います!

6位:未来のミライ

わがまま”くんちゃん”と未来からやって来た妹が出会い物語が進む、家族愛をテーマにした映画です!

ストーリーを見ると感動しそうな内容かなと思いますが酷評が非常に多い作品です。

謎な点が多くてよくわからないんですよね、、、

また、内容以上に声優さんに対する低い評価が多く見受けられました

子供がいる親からは共感できると評価が高いようですが、おすすめ度はかなり低い作品です。

まとめ

おすすめを書いていて気付きましたが、ほとんど順番通りのおすすめ順になっています!

こうなると、だんだんつまらなくなっていると勘違いしそうですがそんなことはありません!

細田守監督は家族や人との繋がりなど、そういった人間の愛を伝えるような作品が多いですが、どれも全く違ったアプローチでそういったメッセージが込められています。

なので見る人によって捉え方も変わりますし、好き嫌いがあると思いますが最近の作品はより好き嫌いがはっきりしそうな内容になっているだけだと思います。

あとは最初の3作品があまりにも面白かったせいもあるかもしれませんが、どれも素敵な作品であることは間違いありません!

アニメ
スポンサーリンク
もも太をフォローする
InfoGiCcc
タイトルとURLをコピーしました