2万円以下で使えるハンコンは1つだけ!?本当におすすめできる「ハンコン」だけを3つ紹介!!

この記事は約5分で読めます。

レーシングゲームが好きな人なら、ハンドルコントローラーでゲームを楽しみたいのではないでしょうか?

最近のハンコンは実車に近いものから、低価格で最低限の機能で抑えたものなど、一昔前と比べるとかなり多くの種類が発売されています。

より多くの選択肢があるので、はじめてハンコンを買う人はどれが自分に合っているのかわからないと思います。

そこで、自分に合ったハンコンを選べるようにおすすめのものと、その特徴について紹介していきたいと思います。

ハンコンがあったほうがレーシングゲームは面白い!

PS4でもPCゲームでもレーシングゲームは基本的にコントローラーで遊ぶことができるように作られて、ハンコンに対応してないレーシングゲームというのもあります。

なのでハンコンを買わなくてもレーシングゲームを楽しむことはできますが、ハンコンがあったほうがレーシングゲームは何十倍も面白いのは間違いありません!!

「ハンコンは実車と違うから逆にやりづらい」という人がいますが、コントローラーに比べたら数十倍もマシです

なので「ハンコンなんていらない!」なんて意見は無視して、レーシングゲームを楽しみたいなら思い切って購入してもいいと思います。

ハンコンはラリーの様なレーシングゲームにはかかせない

レーシングゲームはハンコンがあったほうが面白いといいましたが、ラリーの様なレーシングゲームの場合は特にハンコンがあったほうが面白いです

といのも最近のレーシングゲームはリアルを追及したものが多く、ハンドル操作は実車とまったく同じといってもいいかもしれないほどです。

例えば本格的なラリーを楽しむことができる「WRC」「DiRT」では路面の状況によって細かいハンドル操作が必要になります。

画像引用元:Amazon

「カウンターをあてる」ハンドル操作で、車の流れる方向とは逆向きにハンドルをきる必要があるのですが、ラリーは他のレーシングゲームとは違いドリフト状態になることが当たり前です。

なので大小問わず、常にカウンターをあて続けなくてはいけないといっても過言ではないほどで、その操作はコントローラーだとかなりしんどいです

しんどいというよりも不可能といった方が正しいかもしれませんが、これがハンコンがあれば実車にかなり近いようなカウンターをあてることができます

さすがに体にかかるGまでは再現はできませんが、ハンドル操作という点で見れば性能のいいハンコンを使えばほぼ同じように再現できています。

もちろんハンコンがないとラリーはできないということではないですが、あったほうが数十倍も面白いのは間違いありません。

本当におすすめのハンコン3選

ハンコンは「安くてる使えるもの」「5万前後で高機能」「10万円クラスでリアルを追及」の大きなグループ分けをすることができます。

そこで今回はその3つのくくりの中で最もおすすめなものを1つずつ紹介したいと思います!

1.FFB機能なしでも遊べるハンコン

FFB(フォースフィードバック)機能とは路面状況や車体状況に応じてコントローラーが重くなったり振動したりする機能で、この機能がないとハンドルがとられているかどうかが目での判断になりかなり操作しにくいです。特にラリーなどのオフロード路面の場合はFFB機能があると本当に別ゲームです。

FFB機能がないメリットとしては

  • うるさくない
  • 安い

という2つの点で、とにかく安くてハンドル操作さえできればいいといった方におすすめです。

FFB機能なしで最もおすすめなのが「Racing Wheel Apex」です!

・Racing Wheel Apex

価格:12,000円前後

・PS4、PC対応
・FFB機能なし(振動機能あり)
・クラッチなし
・回転角270°
・ステアリング直径約280mm
・リニアリティ調節機能
・パドルシフト

FFB機能はないですが、代わりに振動機能がついているので他のFFB機能なしハンコンよりも臨場感が味わえます。

FFB機能なしのハンコンの中ではかなり使いやすく値段もかなり安いので初めて買う人やこだわりの弱い人におすすめです!

2.価格を抑えた高機能ハンコン

予算が5万円前後の方にはもってこいのハンコンで、機能性もよく特に欠点のないのが「G29  ドライビングフォース」です!

・G29 ドライビングフォース

価格:45,000円前後

・PS4、PC対応
・FFB機能あり
・クラッチ付(シフター別売り)
・回転角900°(自動車と同じ)
・ステアリング直径260mm
・パドルシフト付

クラッチペダル付きということで別売りのシフターを5000円前後で購入すればMT操作が可能になります。ギアの入りがスカスカしている感じがあってリアルなものではないですがクラッチ操作は十分に楽しむことが可能です。

ペダルの踏み込み具合やステアリングの操作性も評価がかなり高く、FFB機能特有の音も小さい方になります。

すべての面で高品質というわけではないですが「これなら十分満足だ」といったレベルで充実したハンコンです!

また保証も2年間もあるので初めてハンコンを買う人にも、買い替える人にも十分満足できるものとなっています!

3.リアルを追及したい人向けハンコン

すこしでもリアル差を求めたり、質のいいものを求めると価格も一気に跳ね上がります。

なので同じような価格で使いずらいものを買うと価格が高くなる分かなりへこみます。そこでおすすめできるのが「T-GT」です!

・T-GT

価格:約90,000万円

・PS4、PC対応
・FFB機能あり
・クラッチあり(シフター別売り)
・回転角1080°
・直径280mm
・グランツーリスモスポーツ専用ステアリング振動システムT-DFB搭載

グランツーリスモスポーツに特に特化したハンコンでグランツーリスモスポーツメインな是非検討していただきたいハンコンです!

ステアリング性能に最新の技術を盛り込み過去のシリーズを上回るリアル感となっています。

さらに上を求めたら「Fanatec」のハンコンがありますが、ここまでのものを用意しなくても十分なリアル差を体感できますし、いくらいいハンコンを買っても実車とは感覚が違うものなので上を求めすぎてもダメかもしれません。

まとめ

いろいろ紹介しましたがグランツーリスモの様なサーキットメインのレースゲームならそこまでいいハンコンを用意しなくても十分に遊ぶことが可能ですが、WRCやダートの様なラリーゲームの場合は最低でもFFB機能付きでないとしんどいです。

なので自分の求めるハンコンと、遊びたいゲームが求めるハンコンがマッチしたものを選ぶようにした方が良いかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました