武士や侍を描いたおすすめ漫画7選!歴史が好きじゃなくても確実に面白い。

この記事は約4分で読めます。

1.るろうに剣心

キーワード
・背景は明治時代
・かつて「人斬り抜刀斎」と呼ばれた主人公が不殺生を近う
・人を斬れない逆刃の刀を持つが人を殺さないことなどできるのか
・戦闘シーンが多く迫力がある
・必殺技的なものも多くさすが少年ジャンプ漫画
・世界的な評価も高く、国内でも実写化

実写化されるなど大人気の漫画だけあってかなり面白いです!かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた主人公は、時代が変わり不殺生を近い浪人として生きていきますが、様々な出来事に見舞われ不殺生など言ってはいられない事態になります。そんな中信念を曲げずに問題解決をすることができるのでしょうか。

少年ジャンプ連載ということもあってか、侍系の漫画にはつきもののグロいシーンは少ないように思えます。

2.我間乱

キーワード
・背景は江戸時代の中頃
・主人公は”大亀流”という流派の剣士
・海原藩の次期藩主を決める”海原大仕合”に参加することに
・様々な流派の対立が面白い
・それぞれの流派の型の違いが分かる描写が魅力的

それぞれの流派に属する個性豊かなキャラクターが登場する漫画ですが、迫力のある絵と型の違う剣技がとても魅力的です。勝負に負けることは死という設定が戦闘の緊張感を作り出していますし、様々な流派が戦闘のマンネリ化をなくしているため最後まで読み飽きない漫画となっています。

個人的には主人公も主人公の流派も大好きですが、周りも刀以外の武器も多くて魅力的なキャラクターが多いです。そしてみんな強いのも面白いポイントです!

3.バカボンド!

キーワード
・スラムダンクの作者
・原作は小説『宮本武蔵』作者:吉川英治
・関ケ原の戦いの後を描く
・浪人侍が強者を求めて武者修行
・剣術の上達や精神面の成長が見もの
・仲間との再会や別れ
・新刊が全然出ません(さすが井上雄彦先生)

スラムダンクの作者「井上雄彦先生」の漫画で1998年から連載が続いています。本作の主人公:宮本武蔵が天下無双を目指し日々成長していく様を描いていて、武士としての強さに加え大人になっていく精神面の成長も見ものです。個人的な感想になりますが最初の方の話で「宝蔵院 胤舜(ほうぞういん いんしゅん)」という槍を使う僧侶と闘いますが、ここがかなり面白かったです!

前半は特に面白い話が多いですが後半に入ると方向性が怪しくなり評価が分かれてしまい、さらには新刊が全くでないため前半ほどの面白さはないかもしれません。それでもかなり面白くおすすめの漫画となっています。

4.信長協奏曲

キーワード
・ドラマ化で大人気
・高校生のサブロー(主人公)が戦国時代にタイムスリップ
・織田信長と瓜二つということで入れ替わることに
・史実とオリジナルストーリーがとても上手くマッチしている
・史実の謎を上手く使っている

ドラマ化され大人気となった信長協奏曲ですが、原作とドラマでは設定が違うところが多くストーリーも異なります(漫画は連載中)。なのでドラマを先に見た人は困惑するかもしれませんが、原作の方が面白いので問題ありません。

史実を上手く使っている漫画なので「本能寺の変」をどのように描き物語を終わらせるのか読者の中では最大の楽しみとなっています!

5.あずみ

キーワード
・主人公はくのいち「あずみ」
・上戸彩主演で実写化
・絵が古く感じられる
・主人公は最強設定
・良いのか悪いのかわからない終わり方

1994年連載開始の漫画で10年以上も連載を続けた超大作漫画になりますが、絵のたっちはほとんど変わらず少し古い感じの漫画です。主人公がくのいちと女の子の設定ですが、とにかく最強という設定になっているので気持ちよく戦闘シーンを読んで意見るのではないでしょうか。

ストーリーよりも戦闘に重きを置いたような漫画だと思うので一気読みもしやすいですし読んでて気持ちいいかもしれませんが、ストーリー的にも絵的にも残酷なシーンが多々見られるので苦手な人は注意してください。

6.猫ヶ原

キーワード
・侍のネコの話
・5巻完結と読み切りやすい内容
・深く考えて読むと色々考える
・ネコだけどほのぼの要素なし
・絵の好みはわかれるかも、、、

野良猫どあることを誇りに旅をする侍猫の話で、タイトルからもわかる通りの”ネコ”の話ですがほのぼの漫画ではないです。主人公のネコが容赦なくネコを斬るのでほのぼのを期待した人は悲しくなるかもしれません。巻数は少ないですが濃いキャラ設定がストーリーを面白くしていて読み応えのある漫画だと思います!

ただし、絵のタッチで評価が分かれるのでこの漫画のタッチが苦手な人は何が起きているのかも読み取れない可能性もあります、、、

7.センゴク

キーワード
・モデルは仙石秀久
・実在した人物が多く登場
・史実も使われていて歴史の勉強にもなる
・仙石は最も失敗した男
・仙石の成長が楽しみな漫画

現在第4部「センゴク権兵衛」で話の続いている漫画ですが、個人的には戦国系の漫画で一番好きな漫画です!斎藤龍興に仕えていた仙石秀久(主人公)でしたが、織田信長に見出され木下藤吉郎の下に仕えることになります。最初のころは厄介者扱いでしたが戦を重ねることにより周りの人を動かすようなじんぶつとなるい人物になっていき、信長の天下統一の手助けをしていきます。あまり焦点が当たらない武将が主人公なので同じ戦でも他の、漫画とは違う視点で楽しむことができますし漫画オリジナルの人物も多く話を面白くしています!

ヤングマガジンなので少しグロイ描写もあるので苦手な人は注意してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました