シリーズ総まとめ!『桃太郎電鉄』で一番面白かったのは”北海道移動の巻”で満場一致!?

ゲーム
この記事は約7分で読めます。

言わずとしれた名作ソフト『桃太郎電鉄』、通称”桃鉄”のシリーズまとめということで、過去の作成やシリーズの中でも面白かった作品をランキング形式で紹介したりしたいと思います!

まだ遊んだことのない人は最初版がスイッチで発売されるので是非遊んでみてください!

スポンサーリンク

桃太郎電鉄ってどんなゲーム?

知っている人はスキップで!!

「桃太郎伝説」から派生したすごろくゲームで、日本全国の駅を目的地としてゴールを目指します。

実際サイコロを振ってゴールを目指すという単純なルールではありますが、このゲームでは「物件」「カード」「ボンビー」というキーワードがゲームを面白くしています!

1ターン一1月という計算で12ターンで1年、最長で99年設定で遊べますが、この場合3日ぐらいかかると思います。

そのゲーム設定で目的地の駅につけば次の目的地となる駅へ行くというのを繰り返し、最終的にたくさんのお金を持っていた人の勝ちです。

お金は青マスにとまったり物件を買った収益で決算時にもらえるというシステムです。

一見複雑そうなルールに思えるかもしれませんが、少し遊べばすぐにルールが理解できると思います!

シリーズ一覧

桃太郎電鉄シリーズの過去の作品一覧です!

タイトル発売年プラットフォームコメント
桃太郎電鉄1988年FC初代桃鉄はまるで別ゲームです
スーパー桃太郎電鉄1989年PC/SFC/GBシリーズの基盤を築いた作品
スーパー桃太郎電鉄Ⅱ1991年PC/SFC/GBキングボンビー初登場
スーパー桃太郎電鉄Ⅲ1994年SFC/ゲームギアⅡからパワーアップ
スーパー桃太郎電鉄DX1995年SFCボリュームが大幅UP
桃太郎電鉄HAPPY1996年SFCボンビラス星が導入された
桃太郎電鉄71997年PSハード変更、ギーガボンビー登場!
桃太郎電鉄Jr.~全国ラーメンめぐりの巻~1998年GB桃鉄7とほぼ同じ内容
桃太郎電鉄V1999年PSミニゲームが収録された作品
桃太郎電鉄X~九州編もあるばい~2001年PS23D化、地方編が収録される
桃太郎電鉄11 ブラックボンビー出現!の巻2002年PS2/GC
桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー!2003年PS2/GCハリケーンボンビー、ボンビーモンキー登場!
桃太郎電鉄USA2004年PS2アメリカが舞台!円⇒ドル
桃太郎電鉄G ゴールド・デッキを作れ!2005年GBAほぼ桃鉄12の移植版
桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻2005年PS2ボンビー大集合、割とキツイ
桃太郎電鉄16 北海道大移動の巻!2006年PS2/Wii/Xbox今作以降ゲームバランスが悪くなる
桃太郎電鉄DS TOKYO&JAPAN2007年DSThe劣化版、、、
桃太郎電鉄20周年2008年DSオンライン対戦に対応
桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻2009年Wii全作の歴史ヒーローがさらに追加
桃太郎電鉄タッグマッチ 友情・努力・勝利の巻!2010年PSP全作の移植版
桃太郎電鉄WORLD2010年DS1か国ではなく、世界がマップに
桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!2016年3DS復興がテーマに!
桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~2020年冬予定Switch発売予定

2020年冬に新作が発売予定なので楽しみですね!

桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番~公式サイト

桃鉄の面白いランキングTOP5

シリーズの中で面白かったランキングTOP5を紹介します!

1位:桃太郎電鉄16”北海道大移動の巻”

桃太郎電鉄で遊んだことがある人の多くは、この順位に納得できると思います!

なぜこんなゴリ推しするかって、ゲームバランスがちょうどいいからです!

むしろこの作品を最後に後のシリーズではゲームバランスに問題があることが多いです、、、

なので、初めて桃太郎電鉄を遊ぶ人におすすめするなら”16”をオススメします!

ゲーム内容的には、北海道が凍ったり四国の南方向に移動したりと他にはない面白さが充実しています!

北海道大移動(画像引用元:Amazon)

北海道だけ凍る(画像引用元:Amazon)

ご当地キャラは良くも悪くも個性があって、ゲームを面白くしてくれています!

本当にバランスのいいゲームです!

2位:桃太郎電鉄2010”戦国・維新のヒーロー大集合の巻!”

これまた、かなり面白いですが2回目や3回目は面白みが半減します

というのも、この作品の特徴は織田信長や坂本龍馬といった歴史上の偉人が出てきて味方についてくれるのですが、お助けキャラの効果がアンバランスすぎます!

お助けキャラ(画像引用元:Amazon)

そうすると物件やゴールを差し置いてでも武将を味方につける攻防が前半に繰り広げられ、後半はいいヒーローを味方に付けた人が終始有利にゲームを進める流れにります、、、

遊ぶなら最初から30年以上の長い設定がオススメ!!

なので、お助けキャラの出現条件やお助け効果がよくわからない1発目に限ってかなり面白い作品ということで、オススメします!

3位:桃太郎電鉄V

間違えやすいですが今作はV(ブイ)で、桃太郎電鉄5ではありません

実際は桃太郎電鉄9です!

プラットフォームは初代プレイステーションですが、完成度が高くゲームバランスも良いです。

今作の最大の特徴は桃鉄で一番高い物件『桃太郎ランド』を購入するとミニゲームで遊べるようになることで、他の作品にはないやり込み要素が人気の要因となっています。

『ハルマゲド~ン』襲来のイベントがあって、襲来地方の物件をすべてぶっ壊すというプレイヤー泣かせの内容ですが、こういう無茶苦茶なイベントは桃鉄の醍醐味の1つですね!

ハルマゲド~ンの対策はしやすいのですが、間に合わない時の地獄を味わってほしいです!

4位:桃鉄電鉄15”五大ボンビー登場!の巻”

シリーズも15作品目ということでイベントがかなり多く、年数設定を長くしても飽きにくくなっています。

今作はタイトルにも”五大ボンビー登場”と書いてある通り、凶悪なボンビーが5体も登場します、、、

特に久しぶりの登場となったギーガボンビーはたちが悪いです、、、

ですが、桃鉄は悪いイベントが多ければ多ほど燃えるゲームですので”やりごたえ”という面では素晴らしい出来なのではないでしょうか?

今までは500億円

また、今作から『桃太郎ランド』が1兆円に変わりました、、

桃太郎ランドの購入を目指して遊んでみてください!

5位:桃太郎電鉄12”西日本編もありまっせー!”

通常モード『いつもの桃鉄』とは別のモードで『桃鉄西日本編』が収録されていますが、これがかなり面白いです!

西日本編ということでマップは西日本のみですが、その分駅が増やしてあるのでマス的には全国マップと同じボリュームになっています。

西日本編だと残念なことに”ハリケーンボンビー”が出ませんが、”大阪のおばちゃん”が特定の条件でボンビーの代わりに登場します。

出現条件が限定的すぎてほとんど登場しないのが難点で、せっかくの西日本編なのキングボンビーぐらいの出現回数は欲しかったです、、

まとめ

シリーズ総まとめというこで、オススメランキングと過去作品一覧を紹介しました!

最初の方に発売されたものは正直なところ、あまり記憶に残っていないのでもう一度遊んでみようと思います!

また新作も発売予定なのでレビューしてい行きたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました